借入をする時には返済のことを最優先に考える

何か欲しいものがある時、病気などでまとまったお金が必要になった時など、「お金を借りる」という選択をしなければいけなくなってしまうこともあります。その時、お金が足りない状況を解決することだけを優先し、「とにかくお金を借りられる方法を選択する」という考え方は、後々になってから大きな後悔に繋がってしまう可能性が高まります。もし、お金が足りない状況で「借りる」という選択をする時には、まず最初に「返済できるかどうか」を考えることが大切です。例えば、カードローンを利用すれば比較的簡単に借入れをすることができます。特に、即日融資に対応しているカードローンを利用すれば、申込み開始から数時間以内に高額な借入をすることも可能です。

しかし、カードローン業者を利用した借金には「金利」というものがあり、金利の設定によって「利息」が発生します。100万円を借りた時の金利設定が18%だった場合には、年間で18万円の利息が発生する計算になる為、何もしなくても18万円のお金をカードローン業者に支払わなければいけません。実際のところは、毎月の返済で元金が減るので18万円以下の利息で済むことが多いですが、この金額は「年額」ということがポイントです。つまり、100万円の借金を完済するまでに支払う利息が18万円ということではなく、毎年18万円の利息を支払わなければいけないということです。元金が減ればそれに応じて利息額も減っていきますが、年間50万円ずつ返済したとしても1年目は9万円、2年目は4万円程度の利息を支払うことになります。合計すると13万円くらいと18万円以下の利息額で済みますが、100万円を2年間で完済することはそう簡単なことではありません。その為、借入をする前に「返済計画」を作成しておくことが大切です。計画的に返済を進めることが余計な負担を減らすために有効な方法である以上、まず最初に考えるべきは「返済について」ということになります。