借入とはどういう意味か

通常「借入」というと、あたかもお金を借りるように感じますが、本来はお金だけではなくもっと広い意味で使われることが多いのです。「借入」という言葉は本来「金銭や品物を借りること」を意味します。つまり借入とは、お金だけに限らず物を借りることも意味していると言えます。ですから子供が10円を借りたり、友人からマンガを借りたりすることも借入になるのです。現在では銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りること、つまり借金を指すのがほとんどです。(借入とは

借入を行う場合には基本的に返済時には利息を追加し、借りたお金よりも多くの金額を返さなければなりません。金融機関からの借入では、どんな目的でどのように借りたいかを明確にしたうえで借入をしなければいけません。銀行や消費者金融会社など、金融機関といっても様々で、その金融機関ごとに様々な借入商品があり、金利や限度額もまちまちだからです。自分のニーズに合った借り方をすることで、返済期間を考えた返済計画が立てられお得に借入をすることが出来ます借入と似た言葉にローンがありますが、ローンは特定の商品を購入するために金融機関からお金を借りる事です。「住宅ローン」や「マイカーローン」のように、先に商品を手に入れて返済を行うこと自体すべてを含めてローンと言う言葉を使います。ローンは金融機関だけではなく、電気量販店や大型スーパーの提供するものもあります。ローンの多くは購入する商品が決められていることが多いのですが、カードローンやフリーローンなどのように使い道が自由な物もあります。ローンには有担保と無担保の物がありますが、住宅など大きな買い物の場合はその買った商品を担保に入れる代わりに低金利で借りられるといった特徴があり、教育ローンなどは担保に入れることが難しいので無担保ローンとなり、金利が高くなってしまうのです。上手にローンと借入を使い分けて賢く金融機関を利用するとお得ですね。